薄毛に関する最新情報を発信中!薄毛の悩みはこのサイトで全て解決できます!
フィナステリド

フィナステリドの効果・副作用とは?デュタステリドとの違いも解説

AGA・薄毛の治療薬であるプロペシアの主成分であるフィナステリドをご存知でしょうか?

今回はそのフィナステリドの効果と副作用を徹底的に解説していきます。

また、フィナステリドの上位互換とも呼ばれるデュタステリドについても触れていきます。

ただ医師の言われるがままに処方薬を飲むだけでなく、しっかりとそれがどんなものなのか知っておきましょう!

 

 

・フィナステリドが配合された薬を飲んでいる
・これから薄毛・AGA治療を始める
・フィナステリドについて知りたい
薄毛研究所院長
まさか海外から取り寄せてるなんてないじゃろな?

 

フィナステリドとは?

フィナステリドは、抗アンドロゲン薬であり、Ⅱ型5αリダクターゼを阻害し、テストステロンがDHTに変換されるのを抑制します。

DHTが増えることで、薄毛・AGAのリスクも高くなるので、そのDHTを作らせないようにするのがフィナステリドです。

 

フィナステリド・デュタステリドの説明

 

発毛効果というよりは、脱毛抑制効果があり、日本ではプロペシアという商品名で発売されています。

ただ、一定数発毛効果を実感している方もいるようです。

プロペシアについてはこちらの記事をどうぞ。

関連記事

薄毛・AGA治療薬の1つであるプロペシアは使用初期に脱毛が見られると言われています。 一体なぜ脱毛を予防する薬なのに、使用後に脱毛が起きてしまうのでしょうか? そもそもプロペシアとはどんな薬なのでしょうか? これから薄毛・[…]

 

元々は前立腺の治療薬だった?

最初はアメリカで前立腺肥大の治療薬として開発されました。

その後低用量の使用で、男性型脱毛症(AGA)にも効果があるということが分かったのです。

高容量では前立腺の治療に、低用量では男性型脱毛症(AGA)の治療に有効だと言うことですね。

前立腺肥大や前立腺癌にもAGAの原因となるDHTが関与しているので、それをブロックすることで一定数効果があるのです。

 

フィナステリド効果

治療薬

薄毛・AGAになるには主に2ステップあり、

 

①Ⅱ型5αリダクターゼとテストステロンが結びつき、DHTに変換される

DHTで発生するメカニズム

 

②DHTとアンドロゲン受容体が結びつき、毛周期が短くなる

毛周期が短くなる画像

 

この2段階を経て、薄毛・AGAになっていくのです。

そしてフィナステリドはこの①のⅡ型5αリダクターゼに作用します。

Ⅱ型5αリダクターゼに作用し、DHTを作らせないことで、その後の②のリスクを減らすことが出来ます。

 

どのくらい効果があるの?

日本皮膚科学会ガイドラインが発表している、男性型・女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版によると、

内服1年:58%に軽度改善以上の効果
内服2年:68%に軽度改善以上の効果
内服3年:78%に軽度改善以上の効果

が認められました。

また、別の研究では5年間の服用で、99.4%の人に効果(写真評価)がありました。

たがしかし!逆に言えば内服1年続けて約半分の人には効果がなかったとも言えます。

繰り返しになりますが、フィナステリドは発毛効果よりも脱毛抑制に効果があると言われています。

そのため、発毛効果のあるミノキシジルを一緒に使うことでさらに効果を発揮することが出来るのです!

 

なぜ発毛効果があったのか?

先ほどの話に戻りますが、さらに逆に考えると、

脱毛予防に効果のあるフィナステリドでなぜ発毛効果が認められたのか?

気になりませんか?

薄毛・AGAでは、DHTとアンドロゲン受容体が結びつくことで毛周期が短くなります。

そのため、フィナステリドを服用し、DHTの量を抑制することで、本来毛周期が短くなっていたであろう毛髪が生き残ることができます。

毛周期が短くなり抜けるはずだった毛髪が生き残ることで、その毛髪がそのまま成長し、結果毛が増えるのです。

 

フィナステリドの注意点

注意

これも先ほどから言っていますが、

・発毛効果はない
・Ⅱ型5αリダクターゼにしか効かない

ということ。

 

発毛効果はない

フィナステリドに期待できる効果は、

脱毛抑制効果

です。

そのため、まだ薄毛・AGAになっていない人が使用すると効果を存分に発揮してくれるでしょう。

逆に薄毛・AGAが進行している人はフィナステリドにプラスしてミノキシジル等の発毛効果がある内服薬・外用薬の使用をオススメします。

 

Ⅱ型5αリダクターゼにしか効かない

私達の髪の毛は根元に含まれる酵素によって2種類に分けることができます。

・Ⅰ型5αリダクターゼ(ほぼ全ての髪)
・Ⅱ型5αリダクターゼ(前頭部~頭頂部)

そして、フィナステリドが作用するのはⅡ型5αリダクターゼのみ

髪の毛で言うと、前頭部~頭頂部にのみ作用します。

逆にⅠ型とⅡ型両方に作用する薬としては、デュタステリドというものがあります。

このデュタステリドはフィナステリドよりも3倍近く効き目があると言われており、強いDHT阻害作用があります。

デュタステリドはクリニック等で処方してもらえますが、フィナステリドより値段は高めとなっています。

 

デュタステリドについて

薄毛の治療薬

フィナステリド同様、薄毛・AGAの治療と前立腺の治療に使用されています。

ただ、薄毛・AGA治療としてデュタステリドが使われているのは、韓国と日本のみ。

日本での商品名では、「ザガーロ」が一番馴染みのある名前かと思います。

フィナステリドよりも3倍近い阻害作用を持つため、フィナステリドの上位互換の薬と思ってもらっていいでしょう。

デュタステリドについては詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事

薄毛・AGA治療薬ザガーロの成分であるデュタステリドをご存知でしょうか? AGA治療で効果のあるものは、 ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリド の3つだけと言われています。 一体デュタステリドは他の2つの治療[…]

 

フィナステリド副作用

副作用に悩まされる男性

フィナステリドは他のAGA治療薬よりも副作用の発言率が少ないと言われています。

主な副作用には、

・性欲減退(6%程度)
・勃起不全(1%程度)

・胃部不快感(6%程度)
・肝機能障害(0.2%程度)

があります。

6%程度と効くと少し高いようにも感じますが、プラセボと同程度の発現率なのでさほど気にしなくて大丈夫でしょう。

勃起不全等も、服用を続けていると「気のせいだった」と感じる方も多く、大きな問題ではありません。

発現率に関しては、体質等の要素が大きいように感じます。

 

女性は要注意!

また、

妊婦と妊娠している可能性のある女性

には禁忌なので気をつけましょう。

基本的に女性の薄毛でDHTが原因になっていることは少ないと思うので、フィナステリドを服用することはほとんどないかと思います。

ただ、一定数DHTが原因になっている方もいるようなので、上記の点を気を付けて服用しましょう!

 

結論:フィナステリドは薄毛・AGAの予防に有効

発毛よりも脱毛抑制に効果があるということは分かって頂けましたでしょうか?

また、どんな薬にも副作用はありますので、しっかりと理解した上で服用しましょう。

 

これらの薬は日本ではクリニックでの処方のみですが、輸入サイトで海外のものは購入することができます。

しかし、どんな副作用がでるか分からないの絶対にやめましょう!

 

どのクリニックに行くか迷っている方はこちらの記事を参考にしてみてください。

shi-yan blog

皆さん薄毛・AGAの治療でどこのクリニックに行くか迷っていませんか? 今回は実績のある様々なクリニックのHP・口コミを調…

 

フィナステリド
最新情報をチェックしよう!

薄毛に関する全ての情報を発信する「薄毛研究所」

当サイトをご覧頂き、ありがとうございます。 今後も薄毛や抜け毛に悩む方々のお力になれるよう更新を続けて参ります。 こちらのサイトデザインはTHE THOR(ザ・トール)を使用しております。 ご興味がありましたら、下記からダウンロード可能です。