薄毛に関する最新情報を発信中!薄毛の悩みはこのサイトで全て解決できます!

デュタステリドの効果・副作用とは?デュタステリドの半減期は長い!

薄毛・AGA治療薬ザガーロの成分であるデュタステリドをご存知でしょうか?

AGA治療で効果のあるものは、

ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリド

の3つだけと言われています。

一体デュタステリドは他の2つの治療薬とどのような違いがあるのでしょうか?

その効果・副作用について解説していきます。

 

 

・ザガーロを飲んでいる
・これから薄毛・AGA治療を始める
・デュタステリドについて知りたい
薄毛研究所院長
自分が飲んでいる薬については理解しておいて損はなしじゃ!

 

デュタステリドとは?

デュタステリドは、

男性型脱毛症(AGA)治療の新薬

です。

フィナステリドよりも歴史が浅いですが、フィナステリドより3倍近く効果があるとも言われています。

デュタステリドは、フィナステリド同様、元々は前立腺肥大症の治療薬でした。

その後、日本と韓国でのみ男性型脱毛症(AGA)の治療薬として使われるようになったのです。

 

フィナステリドとの違い

デュタステリドは、Ⅰ・Ⅱ型5αリダクターゼ阻害薬なのに対し、フィナステリドは、

Ⅱ型5αリダクターゼのみ

に作用する阻害薬です。

フィナステリドについてはこちらの記事で詳しく説明しております。

関連記事

AGA・薄毛の治療薬であるプロペシアの主成分であるフィナステリドをご存知でしょうか? 今回はそのフィナステリドの効果と副作用を徹底的に解説していきます。 また、フィナステリドの上位互換とも呼ばれるデュタステリドについても触れてい[…]

フィナステリド

 

デュタステリドの効果

治療薬

デュタステリドには、

Ⅰ型・Ⅱ型5αリダクターゼを阻害し、AGA進行を抑制する

効果があります。

 

髪の毛は根元に含まれる酵素によって2種類に分けることができます。

Ⅰ型5αリダクターゼ(全ての髪の毛)
Ⅱ型5αリダクターゼ(前頭部~頭頂部)

そして、AGAの原因になるのは主にⅡ型5αリダクターゼです。

しかし、稀にⅠ型にも影響を及ぼし、側頭部や後頭部の髪の毛が薄くなることもあります。

その時に幅広く効果を発揮するのがデュタステリドなのです。

 

AGAのメカニズム

AGAになるメカニズムには2段階あります。

①Ⅱ型5αリダクターゼとテストステロンが結びつき、DHTに変換される

DHTで発生するメカニズム

 

②DHTとアンドロゲン受容体が結びつき、毛周期が短くなる

毛周期が短くなる画像

 

そしてデュタステリドが作用するのは①のところです。

フィナステリド・デュタステリドの説明

 

Ⅰ型・Ⅱ型5αリダクターゼを阻害することで、DHTの量を減らし、AGA・薄毛を予防できるのです。

ここで重要なのは、抜け毛防止効果があるということ。

増毛効果も多少なりとも認められていますが、増毛効果を確実に得たいのであれば、ミノキシジルがオススメです。

 

デュタステリドは強い抜け毛防止効果あり

先ほども言いましたが、デュタステリドは、

フィナステリドより3倍近く強い抜け毛防止効果がある

と言われています。

またⅠ型・Ⅱ型どちらにも作用するため、フィナステリドでは効果が出なかった人にも効果が見込めます

ただそれだけ強い効力があるからこそのデメリットも存在します。

それが、

長い間体内に残り続ける

ということ。

 

デュタステリドの半減期

グラフ

半減期とは、

物質やその能力や機能・濃度などが代謝などの化学的な反応などによって半減するまでに要する時間

のことを指します。

そしてこのデュタステリドは半減期が長いことで知られています。

 

・フィナステリドの血清半減期6~8時間
・デュタステリドの血清半減期3~5週間

と言われており、体内に残る時間が長いため、長い間薬が作用するというメリットがあります。

 

半減期が長いデメリット

もちろん体内に薬が長く残ることでのデメリットも存在します。

①副作用が発現しやすい
②献血ができない

 

長く体内に留まり、強い効果は発揮する一方、副作用の頻度が高いというデメリットがあります。

また、血清半減期が長いため、投与中止後6カ月間は献血ができません!

かなり長いですよね…

くれぐれも服用している方は献血の際、上記の点をよく確認してください。

 

デュナステリドの副作用

薬の副作用

デュタステリドの副作用には、

✔肝機能障害(頻度不明)
✔黄疸(頻度不明)
✔勃起不全(3%程度)
✔精力減退(1%程度)
✔乳房障害(1%程度)

があります。

これらの副作用は、AGA治療薬にはだいたいみられる副作用なのでさほど心配する必要はありませんが、半減期が長いため、頻度が高いのは要注意です。

また、

デュタステリドは新薬でまだ十分なデータが取れていない

ので頻度が不明確な点は正直怖いところ。

長期間使用することでどんな副作用が起きるかは正直まだ分かりません。

高い効果が得られる反面、このような怖い点も存在します。

 

ザガーロについて

薬

そしてこのデュタステリドが含まれる商品がザガーロです。

ザガーロはどのクリニックでも処方してもらえる訳ではないので要注意です。

もしザガーロの処方を希望する方は、以下のクリニックでの処方をオススメします。

 

\ ザガーロを処方できるクリニック /

 

 

ザガーロは個人輸入できる?

結論から言えば、海外製のものであればできます。

日本の薬局やドラッグストアでは購入はできません。

海外製のものであれば、強力かつ安価な薬を入手することができますが、

効果が保証されていない
安全性が保証されていない
副作用が出た時の保証がない

という点についは、よく理解しておく必要があります。

仮に海外製の薬で副作用が起き、働けなくなった場合は完全に自己責任です。

日本のクリニックで処方された薬であれば、保証制度がありますので安心できます。

 

結論:強力な効果が期待できるのがザガーロ

フィナステリドの治療で効果がいまいち実感できない人にはオススメです。

ただ、デメリットや副作用もありますので、そこはしっかりと理解しておく必要があります!

また、どのクリニックに治療を受けに行くか迷っている方は、クリニックの比較記事がありますので、そちらをご覧ください!

shi-yan blog

皆さん薄毛・AGAの治療でどこのクリニックに行くか迷っていませんか? 今回は実績のある様々なクリニックのHP・口コミを調…

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!

薄毛に関する全ての情報を発信する「薄毛研究所」

当サイトをご覧頂き、ありがとうございます。 今後も薄毛や抜け毛に悩む方々のお力になれるよう更新を続けて参ります。 こちらのサイトデザインはTHE THOR(ザ・トール)を使用しております。 ご興味がありましたら、下記からダウンロード可能です。